地方への移住に興味があるなら、まずは移住相談員さんに、話を聞きに行くべし!

[PR]今読んでおきたい「移住本」
田舎はシェアする時代へ「田舎シェアリング.COM」

20150702_165023

内閣府の世論調査では、都市在住者の約4割が、地方への移住を検討したいと回答しています。

特に20代、30代の若者世代で、その傾向が強くなっていて、実にその半数以上の人達が、地方への移住に憧れを持っているようです。

gffgd

2014年「人口,経済社会等の日本の将来像に関する世論調査」

いざ実際に地方への移住をしようと考えた時に、まずは、移住についての様々な情報を収集するところから、始める必要があると思います。

今、東京で地方移住関連の情報を扱っている場所として、有楽町の交通会館にある「ふるさと回帰支援センター」と、先日東京駅前にオープンした「移住・交流情報ガーデン」があります。

特に「ふるさと回帰支援センター」では、各自治体の個別相談ブースが設置されていて、専任の相談員さんに直接話を聞く事ができるようになっています。dsasda

今回は、ふるさと回帰支援センター6階フロアの「ええとこやんか三重 移住相談センター」相談員の清水さんに、お話を聞きに行きました。

笑顔の素敵な、とても話しやすい相談員さんです。

笑顔の素敵な、とても話しやすい相談員さんです。

なんと、清水さんは保育士の資格を持っていて、幼児保育の最先端でもあるデンマークで、1年半程ほど留学をしたことがあるという経歴の持ち主です。

デンマークの保育を知り、また帰国後には、東京の子育て環境の現状を見て、「子育てをするなら、絶対に田舎でするべき!三重でするべき!」との想いを抱くようになり、三重の移住相談センターの相談員を志すことになります。

元保育士さんが、移住の相談にのってくれるなんて、子育て世代としては本当に心強いですよね。

そんな清水さんに相談員の仕事について色々とお話を聞かせてもらいました。

◇「どのような方が移住の相談に来られることが多いですか?」

老若男女幅広い人達が毎日相談に来られますが、比較的多いのが、30代~40代の子育て世代ですね。

奥さまかご主人の実家が三重で、子育てを三重でしたいという方もいますし、また、三重とはゆかりのない方でも、Iターン移住として三重に興味を持っている方が多くいらっしゃいます。

◇「三重のどんなところに魅力を感じて来られるのでしょうか?」

やはり一番は自然が豊かなところ、海もあり、山もあり、きれいな川もあります。キャンプや海水浴、ダイビング等、三重では、ほぼすべてのアウトドアを楽しむことができます。

地域ごとに特色があるのも魅力です。忍者の里「伊賀」や、日本の心のふるさと「伊勢」、世界遺産のある「熊野」等、深い歴史と豊かな文化のある土地柄に惹かれる方も多いですね。もちろん、伊勢海老、アワビ、松阪牛など、グルメに関しても、事は欠きません。

もう一つは、三重はただ「田舎」なだけではなく、都市の利便性も享受できるという魅力があります。

というのも、三重は南北に長く、北部では名古屋等へのアクセスが良く、また、10万人規模の町が南北にわたって、点在しているため、山間部に暮らしていても、少し車を走らせれば都市部に行って買い物等をする事が出来ます。

いわば、田舎暮らしと都市の利便性の良いとこ取りができる県だと思います。

◇「相談員の仕事として難しいと感じる事はありますか?」

やはり移住となると、決断までに時間もかかりますし、そこで生活をするには、仕事も必要です。また、地域のコミュニティにうまく溶け込めるかどうかも、相談者の方にとっては心配な要素だと思います。

なので、相談員として大事にしているのは、とにかく相談者さんの想いや考えを親身になって聞いて、移住してやりたいことや理想の暮らし方について、深く理解をしようと努めています。

また、相談者の方から聞かせていただいたニーズを、各自治体の担当者や、地域のキーマンにも伝え、移住の決断がしやくなる環境作りを進めていきたいと考えています。

助成金等の金銭面の支援も必要だと思いますが、やはり何よりも大切なのは「人」なんだと思います。

人と人とのコミュニケーションが円滑に進むように、「人つなぎ」をするのが私たちの仕事だと思っています。

移住先で、子育ての事などの悩みを相談できる人や、一緒に考えてくれる人が身近にいるだけで、全然違うと思うんです。

これからも相談者の方それぞれの状況に合わせた親身な対応を心掛け、相談員として頑張っていきたいと思います。

三重への移住に興味をもたれた方は、ぜひ一度、お気軽に窓口までお越しください☆

NPOふるさと回帰支援センター内
「ええとこやんか三重 移住相談センター」
●開館時間:火~日 10:00-18:00
●定休日: 月・祝日
●お問い合わせ先:電話 03-6273-4401

20150702_181544

「田舎暮らしと都市の利便性の良いとこ取り」ができるという三重。

とても魅力的ですね。

これは、実際に現地の状況を、この目で確かめに行かねば!

というわけで、このたび「地域移住計画」編集部は、三重県へと取材旅行に行くことにしました!

7月下旬。三重へと赴き、現地の移住者さんへのインタビューや、空き家の視察などを行う予定です。

「移住現場」の生の情報をお届けいたしますので、みなさま乞うご期待ください☆

さあ、はじめよう!地域移住計画!
ぜひ、みんなと記事をシェアしてね☆