空き家見学に行きましたが、素敵すぎます。

[PR]今読んでおきたい「移住本」
田舎はシェアする時代へ「田舎シェアリング.COM」

20150729_135907

引き続き「三重特集」です。

参照→「地方への移住に興味があるなら、まずは移住相談員さんに、話を聞きに行くべし!
参照→「早稲田大学→東大大学院→フランス留学→「過疎の港町」で地域 おこし

「地域移住計画」では、今後様々な地域の「空き家見学」のレポートもしていきたいと思っております。

人口減少社会の日本では、今後も加速度的に空き家が増えていきます。野村総研の試算では、2033年には総住宅数の30%ほどが空き家になると推計されています。

参照→「空き家、2147万戸に倍増 野村総研33年推計、新築制限を提言

はっきり言って、この遊休資産を活用しない手はないと思います。

というわけで、今回は三重県の山奥にある「美杉」というエリアで、空き家見学を実施しました。「美杉」はその名の通り、美しい杉の木と、自然に囲まれた典型的な山間の村ですが、現在は市町村合併により、津市に編入されています。

青色で囲っているあたりが「美杉」です↓

fgdf津市市役所の担当者さんにお願いをして、2軒ほど空き家を見学させてもらいました。

◆1軒目「太郎生地区 築23年 土地面積112.8㎡ 希望価格540万円」

20150729_140307

20150729_141614

はっきり言って、築23年はこのエリアでは、ぴっかぴかの新築です。「住環境は都市での生活と同じにしたい」という方にはおすすめですね。

バス・トイレもとっても綺麗です。

しかし、家の目の前を流れる川が、ほんとの本当に、びっくりするくらい美しすぎます。

20150729_135904

2階の窓からの眺め

2階の窓からの眺め

20150729_141413

まるで小説の世界です

夏は、間違いなく泳ぎますね。

この大自然の風景を毎日見られるだけでも、相当に価値ある物件だと思います。

◆2軒目「八知地区 築58年 土地面積774.53㎡ 希望価格280万円」

20150729_150756

ついに来ました、古民家です!

やはり田舎暮らしと言えば古民家ですよね。

建物の中は小さい部屋が二つと、土間的なものがあるという質素な作りですが、何といっても、この土地の広さがうれしいです。しかもなんと茶畑付き!

20150729_151513

20150729_155206

茶畑付き!

20150729_155038

とにかく土地が広いです

20150729_152055ここは、住むとなると、水回りや、電気回りの改修が必要になると思います。

私としては、住むよりも事業用として活用されることをおすすめします。

なんせ、茶畑がありますので、そこで収穫した茶葉をグリーンティーにしても、紅茶にしてもいいですが、お洒落な古民家カフェとして営業できたら、楽しいですよね。

20150729_150958

ここをどんな風に活用できるだろうか、妄想を膨らませながら、見て回る空き家見学ツアーに、はまりそうです(笑)

現在は様々な地域の自治体が、空き家バンク制度を作ってますので、ぜひ皆様も気になるエリアの空き家見学ツアーに出掛けてみてはいかがでしょうか?

津市空き家情報バンク

さあ、はじめよう!地域移住計画!
ぜひ、みんなと記事をシェアしてね☆