【佐賀県有田町】この町は、400年分のおもしろさを内包するテーマパークだ!

[PR]今読んでおきたい「移住本」
田舎はシェアする時代へ「田舎シェアリング.COM」

昨年9月に埼玉から佐賀県有田町に移住し、「地域おこし協力隊」として活動しているMotoyasuさんが、「イジュー★ライター」として、これから移住現場の生の情報をお届けしていきます!
————————–

皆さん、有田町と言えば何を思い浮かべますか?

おそらく、9割の人は「有田焼」というかなあ。

有田焼のすてきなコーヒーカップ

有田焼のすてきなコーヒーカップ

 

「有田焼」が浮かばなかった残り1割の人、「有田みかん」とか思ってません?

・・・それ、和歌山の有田川町ですからねー。

そんな前置きはさておき、有田町は今年で有田焼創業400周年を迎えたんです。

でも現在、焼き物の売上はピーク時の約2割
多くの窯元が廃業に追い込まれ、窯業の担い手は減少の一途をたどってます。

有田焼の販売店。とてもおしゃれです。

 

そんな有田町にある内山地区。

ここは伝統的建造物が158戸も立ち並ぶ歴史ある地区ですが、町内で最も人口減少と高齢化が進んでいるエリアでもあります。
シャッターが閉まった空き店舗も多く、平日は閑散としていて歩行者すら見かけることが少ない現状。

そんな地区の活性化と移住・定住促進をミッションとして言い渡された地域おこし協力隊の私。
ぐわー、むずかしそう。
でもまずは、ここの特徴を知ろうと歩いて見て回ることにしました。

閑散としている内山地区。普段、観光客の姿は滅多にない。

 

すると、出てくる「?」「?」の数々。

「バス停の案内板、これってもしや有田焼?」

有田焼のバス停案内板

有田焼のバス停案内板

 

「この神社、石段登った先に電車通ってるけど?」

石段を登った先に電車が通る。遮断機はなし!

石段を登った先に電車が通る。遮断機はなし!

 

「この仏像、10頭身くらいあるんじゃない?」

日本人離れしたスタイルを持つ仏像さん

 

どうも、おかしい。おかしいことが多すぎる。

歩けば歩くほど、次々とツッコミどころが出てくるなー。

なによりも、こんなにツッコミどころがあるのに、なんで観光客が少ないんだろう?

魅惑の小道。しかし観光客の姿はない。

魅惑の小道。しかし観光客の姿はない。

 

「有田は観光の町じゃなくて産業の町やけんにゃあ。それに、(私が言っているようなことは)有田では当たり前やけん、別に珍しゅうもなんもなかよ。」と、町のひと。

なるほど・・・。

石壁の中にお墓が紛れてるんですけど。。

石壁の中にお墓が紛れてるんですけど。。

六地蔵のセンターポジションになぜか釈迦如来がいる。

六地蔵のセンターポジションになぜか釈迦如来がいる。

 

どうやら有田町民は、町を観光地だと思っていないし、町のそこらじゅうにあるおもしろポイントに気づいていない、ようです。

そこで、自分は「この町に400年かけて蓄積されたおもしろさを発見して、町を盛り上げよう!」と思い立ち、定期的にまちあるきイベントを開催していくことにしました。

なぜかというと、昔からずっと有田町のひと、最近移住してきたひと、町外在住のひとが入り交じり、まちを見ていくうちに、様々な視点からたくさんのおもしろい有田が再発見されていくんです!

町にやたら詳しい福田さんが移住者にコアな情報を紹介してくれる。

町にやたら詳しい福田さんが移住者にコアな情報を紹介してくれる。

 

毎回おもしろくて、みんな笑顔笑顔♪

自分の町のおもしろさを知ると、なんだか嬉しいんですよね。

自分の町のおもしろさを知ると、なんだか嬉しいんですよね。

 

まちあるきで撮影した写真を楽しく見せ合ったり。

まちあるきで撮影した写真を楽しく見せ合ったり。

 

いまの目標の1つは、このまちあるきイベントの集大成として
(有田焼創業400年にちなんで)400個のおもしろネタを詰め込んだ、まちあるきアプリを作ることです。

1月に小規模ながらハッカソンを開催し、プロトタイプができました!完成まではもう少し。

まちあるきアプリを作るプチ・ハッカソンの様子。プロトタイプが完成!

まちあるきアプリを作るプチ・ハッカソンの様子。プロトタイプが完成!

 

まるでテーマパークのような有田のおもしろさをぎゅぎゅっと詰め込んだ、
ガイドブックでは見られないネタ満載のアプリを作って、
有田にたくさんの「クスッ」という小さな笑いを作りだしたいと思っています!

記録的な大雪の中、ハッカソン参加者たちと。茶色のダウンを着ているのが私。

記録的な大雪の中、ハッカソン参加者たちと。茶色のダウンを着ているのが私。

 

まちあるきイベントは誰でも参加できるので、もし興味があったらぜひご参加ください。
ご連絡はFacebookページ「アリタカラ」で受け付けてますよー!

以上、佐賀県有田町の地域おこし協力隊がお届けしましたー♪

————————–
地域の魅力を発信しませんか?『イジュー★ライター』募集中!

さあ、はじめよう!地域移住計画!
ぜひ、みんなと記事をシェアしてね☆