「地域おこし協力隊」都道府県別・隊員数ランキング!2015年度版

[PR]今読んでおきたい「移住本」
田舎はシェアする時代へ「田舎シェアリング.COM」

kyo

地域への移住を検討する際に、「地域おこし協力隊」の制度利用を、選択肢にいれている方は多いと思います。

各自治体は、いまも積極的に協力隊の受け入れを行っていますが、地域ごとに隊員の数には、差があります。

各都道府県が、現在何名くらいの隊員を受け入れてるのか、総務省のデータを元に、ランキング形式で発表したいと思います。

・隊員数が多い場所は、受け入れ側のノウハウもたまっていて、先輩隊員達の体験談等も、多く聞くことができる。

・隊員数が少ないところは、未開拓・未整備な部分があるけど、逆にそこに面白みがある。ベンチャースピリットを持って、自分が先駆者になることを目指せる。

ここらへんは、個々人の価値観だと思いますので、良し悪しというわけではないと思います。

taiinn

※神奈川県と大阪府は受け入れなしのため除外。

全国の総隊員数は2,625名(昨年の1,511名から1.7倍以上に増加)

男女比は、男性62.8%、女性37.2%。

年齢層は、20代30代がメインとなり、全体の76.1%を占めています。

今回はついでに、過去3年間の都道府県ごとの隊員数の増加率ランキングも作ってみました。

この3年間で急激に隊員が増えた地域、安定的に多くの隊員を受け入れている地域、等、さまざまありますね。

zouka

※東京都は2015年度からの受け入れのため除外。

さあ、はじめよう!地域移住計画!
ぜひ、みんなと記事をシェアしてね☆