「世界経済の最先端、中国山地」で『里山資本主義』を学ぼう!「真庭なりわい塾」2期生募集開始!

[PR]今読んでおきたい「移住本」
田舎はシェアする時代へ「田舎シェアリング.COM」

15740845_1822188478049771_4599724662547825801_n

昨年開塾しました『里山資本主義』を実践を通して学べる「真庭なりわい塾」が、第2期生の募集を開始しました。

⇒「世界経済の最先端、中国山地」で「里山資本主義」を学ぼう!「真庭なりわい塾」この春開塾!

昨年度は25名の定員に対し、70名近い応募があったようで、『里山資本主義』に対する世間の注目度の高さがうかがえます。

自分でみつける 「豊かさ」と「幸せ」の基準
-小さな里山資本主義をめざして-

岡山県真庭市では、昨年5月より「真庭なりわい塾」を開講しました。

「真庭なりわい塾」は、真庭市中和(ちゅうか)地区をフィールドに、農山村における新たな生き方と多様な働き方を模索し、創造する人材育成塾です。

本年、第2期生を募集するにたり、当塾の意義や内容をより多くの方々に知っていただくために、大阪および岡山市内で、プレイベントを開催することとなりました。

受講を検討される方はもちろん、地域づくりに関心のある団体、自治体の方など、多数の皆様のご参加をお待ちしております。

こんな人が「塾生」です。
・農山村にIターン、Uターンしたい
・農山村と都市をつなぐシゴトがしたい
・地域資源を生かしたスモールビジネスに関心がある
・半農半Xな暮らしがしたい
・これからの働き方、生き方を真剣に考えたい

こんな「力を」身につけます!
・暮らしを創る力
地元の方やIターンした先輩たちとの交流を通して、地域資源を活用しながら、自ら暮らしを創る力を養います。
・地域を支える力
地元学や聞き書きを通して、地域を知り、地域に愛着を持ち、地域に溶け込むとはどういうことかを体感します。
・なりわいを構想する力
地域の課題やその解決への模索、実践などを通して、新たなコミュニティビジネスを構想していく力を養います。
・志をともにする仲間づくり
講座や活動を共にし、自ら一歩を踏み出す勇気を得るとともに、同じ志を持つ仲間をつくります。

「塾の先輩たち」
第1期(基礎講座)は昨年春に開講。多数の応募者の中から25名が塾生に選ばれました。男女比は半々。世代は20~30代を中心に50代まで。県内在住者のほか半数以上は大阪、京都から毎月通っています。

塾生の多くはコミュニティハウスに宿泊。地域の皆さんと交流しながら、農山村の暮らしを学び、将来の生き方、働き方について考える1年を過ごしました。

ほぼすべての塾生が2年目(実践講座)の受講を希望。

里山資源の活用や有機農業、特産品開発、地域づくりについて、地域で活動しながら学んでいきます。

■プレイベント
第1回(大阪)2月4日(土)於:TKP梅田駅前ビジネスセンター
第2回(岡山)2月5日(日)於:メルパルク岡山

プログラム(予定)
講演1 
真庭なりわい塾がめざすもの-「買う」から「つくる」暮らしへ-
渋澤 寿一(真庭なりわい塾 塾長NPO法人共存の森ネットワーク 理事長)

講演2
[大阪] 土に根ざしナリワイをつくる
高谷絵里香(農業生産法人蒜山耕藝/自然農法を実践するIターン者)
[岡山] 地域と共にナリワイをつくる
赤木直人(一般社団法人アシタカ/里山ビジネスに取り組む)

トークセッション
「新たな生き方、働き方、これからの社会のカタチ」
初年度の塾生による活動報告などをまじえて、農山村の課題やこれからの可能性、各自が目指していく生き方、働き方について語り合います。

コーディネーター:駒宮博男(真庭なりわい塾副塾長)

申し込み・詳細はHPをご参照ください↓
http://maniwa-nariwai.org/index.html

maniwa001

さあ、はじめよう!地域移住計画!
ぜひ、みんなと記事をシェアしてね☆