【山形県朝日町】「桃色ウサヒ」って知ってる?史上最多の「いいね!」を獲得した地域おこし協力隊員って!?

[PR]今読んでおきたい「移住本」
田舎はシェアする時代へ「田舎シェアリング.COM」

10582291_650151591747586_2116336616_n

2010年10月。山形県の山あいにある小さな町「朝日町」に、「地域おこし協力隊」として一人の青年がやってきました。

彼の名は佐藤恒平(当時26歳)。「桃色ウサヒ」の産みの親となる人物です。

その数年前、当時大学院生だった佐藤氏は、研究の一環で朝日町に「着ぐるみによる町おこし」を提案しました。そしてこの案が採用され、町の公式HPにて実験的に特設コーナーを開設したところ、HPへのアクセス数が爆発的に増加しました。

佐藤氏が考えた企画は、市販されているピンクのウサギの着ぐるみ(3万円程度)を着ながら町を歩き、地域情報を取材し、発信をするというものでした。

そしてコーナーの終了後も、各方面から再開を望む声が上がり、また町としても地域振興の施策として、高い効果が期待できると判断し、佐藤氏を正式に朝日町の「地域おこし協力隊員」として迎えることになったのです。

佐藤氏が考案したキャラクターの名前は「桃色ウサヒ」。

最初は市販のウサギの着ぐるみ(3万円程度)から始まりましたが、その後、佐藤氏自らがデザインした、現在の「桃色ウサヒ」へとリニューアルされました。

スタート時から、どこにでもある市販の着ぐるみを使う、といったような「ゆるさ」からも見られるように、このキャラクターの特徴は「圧倒的な無個性」にあるようです。

しかし、それは緻密な計算に基づいた「戦略」としての「無個性」だったのです。

「ウサヒが町をプロデュースするのではなく、地元住民がウサヒをプロデュースするというスタンスです。」

事実、無個性で頼りない「ウサヒ」に対して住民から寄せられたアイデアや意見を取り入れながら活動を行っていると、住民が継続的にウサヒの活動に興味を持ってくれるため、地域おこしに対する当事者意識を住民達が持ってくれるという効果があります。

その後、ウサヒの活躍はうなぎのぼりとなり、様々なメディアで取り上げられ、山形にあるこの小さな町の知名度の向上に絶大な効果を発揮していきます。

メディアの取材を受ける「桃色ウサヒ」

メディアの取材を受ける「桃色ウサヒ」

10573349_650151241747621_333212277_n

商品化された「桃色ウサヒ」

朝日町も、他の自治体と同じように少子高齢化の進展が著しい典型的な過疎の町です。しかし、地方の町にしては珍しく、地域の独自性を重んじる風潮があり、周辺自治体がさくらんぼの生産を主流で行う中、唯一りんごを軸とした果樹生産を行ったり、自然や文化の保護継承のための「エコミュージアム」という構想を、全国に先駆けて立ち上げる等、実験的な取り組みに対して積極的な姿勢を持ち、非常にイノべーティブな気質をもった町のようです。

実際、市販のウサギの着ぐるみをきた若者を町の公式HPに載せる試みは、かなりイノベーティブな発想だと思います。

10569899_650150365081042_2067052555_n

2013年9月、佐藤氏は3年間の地域おこし協力隊としての任期を終えることとなりましたが、町からの要請によりその後も同様の業務に従事することとなります。

地域おこし協力隊の任期は通常最大3年となっています。そこで国からの補助金は打ち切られるため、その人材を継続して雇用したい場合は、自治体が独自の予算を組まなくてはいけません。朝日町にとって佐藤氏は、それほど重要な役割を担う存在になっていたということなのでしょう。

朝日町での活動は継続しながらも、その後、佐藤氏は2014年1月に自身の会社を設立し、朝日町で培った地域振興のノウハウを活かしながら、他自治体へのアドバイザー業務(※)等、その仕事の幅を広げています。
(※地域サポート人ネットワーク全国協議会の認定アドバイザーとして登録)

「将来は自分なりの地域おこしの方法論を確立し、大学等でも教えられるようになりたいですね。」

佐藤氏は、このように自身の夢を語ってくれました。

「活動の方向性を模索している協力隊の方々がいたら、ぜひ気軽に相談してほしい。」とも言ってくれてますので、もし興味のある隊員の方はぜひ一度話をしてみてはいかがでしょうか。きっと有意義なアドバイスが得られることと思います。

史上最多の「いいね!」を獲得した地域おこし協力隊員(※)の今後の活躍に目が離せません。
(※地域おこし協力隊Facebookページランキング(2014/03現在)

朝日町「桃色ウサヒ」のFacebookページはこちら↓
https://www.facebook.com/momoirousahi

佐藤氏の地域おこしの事例が各種賞を受賞↓
◇第6回協働まちづくり表彰
http://www.noma.or.jp/lgf/2014/award/result.html#04
◇全国広報コンクール2013 広報企画部門入選 http://www.koho.or.jp/contest/zenkoku/2014_result.html

中学で授業を行う佐藤氏

中学で授業を行う佐藤氏

地域おこし協力隊の後進の育成も行っています

地域おこし協力隊の後進の育成も行っています

あなたも「地域おこし協力隊」として活躍してみませんか?AP地方創生プロジェクト

さあ、はじめよう!地域移住計画!
ぜひ、みんなと記事をシェアしてね☆