100を超える地方自治体の担当者が一堂に会する「JOIN 移住・交流&地域おこしフェア」に行ってきました。

[PR]今読んでおきたい「移住本」
田舎はシェアする時代へ「田舎シェアリング.COM」

20150118_093532

1月18日に東京ビッグサイトで開催された「JOIN 移住・交流&地域おこしフェア」に行ってきました。

フェアの開会式では、小泉政務官が駆けつけ、開会の挨拶をしていました。昨年実施された「東京在住者の今後の移住に関する意向調査」の結果を取り上げながら、「今年を『地方創生元年』と位置付け、地方の再生に全力に取り組む。」と意気込んでいました。

会場に駆け付けた小泉政務官

会場に駆け付けた小泉政務官

ちなみに、上記の「東京在住者の今後の移住に関する意向調査」では、東京在住者の4割が地方への移住を検討している、又は今後検討したいと考えていて、特に30代以下の若年層及び50代男性の移住に対する意識が高い。という結果が出ていました。

確かに、会場に行ってみると、若い層の来場者が多いことに気付きます。あとは、30代くらいの子ども連れの世代も多かったです。子育てを東京ではなく、田舎でしたいというニーズは確実にあるのでしょう。

20150118_114844

そして100を超える地方自治体の担当者が一堂に会するということで、各地域のPRにも熱が入り、会場はすごい熱気に包まれていました。

いくつかの自治体の担当者の方、また、実際に移住を実践された方等にも、お話を聞くことができましたが、詳細についてはまた後日お送りしたいと思います!

面白かったのは、去年開催された「移住フェア」に参加をして、今年は出展者側として地方のPRをしている、なんて方もいました。こういう場所での出会いが、新しい展開につながるという事を実感できる出来事ですね。

今回も、会場内では様々な新しい出会いがあったのではないかと思います。「移住」をテーマにした、これほど大規模なイベントは、頻繁にはありませんが、また次回開催される時には、ぜひ皆様も参加してみてください。

地方の事を色々知ることができる。という単純な楽しみ方もありだと思います。

さあ、はじめよう!地域移住計画!
ぜひ、みんなと記事をシェアしてね☆

コメント