日本版シリコンバレーを目指す「高知家のシェアオフィス」に、面白いTECH企業や起業家達が集まり始めています。

[PR]今読んでおきたい「移住本」
田舎はシェアする時代へ「田舎シェアリング.COM」

fdsf

ずっと前から気になっていました「高知家のシェアオフィス」。人口減少と高齢化で廃校・休校となった、中山間地域の校舎等をリノベーションし、各地のTECH系企業や起業家達の誘致に乗り出しています。その気合の入れようは、日本にシリコンバレーでも作ろうかとの勢いを感じます。

「高知家のシェアオフィス」は、昨年始まったばかりの事業のようですが、すでにいくつかのTECH系企業や、映像クリエイター系の企業がサテライトオフィスを開設し、事業を行っています。

さきほども述べましたが、高知は企業や起業家の誘致に、かなり気合を入れて取り組んでいます。まず、高知県内に拠点をおいて事業を行うベンチャーを応援するため、返済不要、最大1000万円の支援金を用意した「ビジネスチャレンジ基金事業」を実施しています。

gfd

2013年の第1回開催時に、最優秀賞を獲得した京都のTECH企業「ウィリルモバイル」は、高知のシェアオフィスに、システム開発用のサテライトオフィスを開設する準備を進めています。

クリエイティブオフィスを嶺北に展開しようと考えたきっかけは、素晴らしい環境に身を置いて開発、デザインができれば「五感が研ぎ澄まされ、創作性を高められる」という現場からの思いからです。

確かに、シリコンバレーも、東京のようにゴミゴミした場所ではなく、高知のように雄大で、豊かな自然が残された土地ですから、クリエイティビティやイノベーションは、このような環境の元、生まれてくるのかもしれません。

高知県とパソナテックがタッグを組んだ、「高知県シェアオフィス広報推進事業」では、「場所や時間に縛られない働き方」や「個人事業主2.0」に興味のある個人を対象に、全3回の、これまた気合の入ったプログラムが実施されました。

fdh

第1回目のプログラムでは、「自由な働き方は土佐の山間より!!」というテーマで東京でトークイベント(セミナー)を実施。その後、2回目のプログラムでは、高知県を実際に見て触れて体感してもらうため、参加者に片道の航空チケットが渡され、現地のシェアオフィスの視察や、住民との触れ合い、フィールドワークやワークショップ等を行うツアーが組まれました。

そして、先日開催された最終の第3回目では、このプログラムを通じて、参加者がどのようなきっかけをつかみ、今後高知と関わって、どのような道を歩んでいくか。を報告する会(交流会)が開催されました。

この最終回当日に、私も参加させていただきましたので、ここで聞かせてもらったお話については、また後日記事にしたいと思います。

地方創生というと、「移住者の奪い合い」というような観点が強調されますが、高知のように、起業家育成や、ビジネス交流を促進することによって、「交流人口」を増やす、というのも忘れてはならない視点だと思います。法「人」を増やすという観点があれば、どこからも奪う必要はないわけですし。

実際、上記のプログラムでは、すぐに高知に移住ではなくても、ビジネスのつながりができた高知と東京を行き来しながら、少しずつ軸足を高知に傾けていく。という方向性を決めた人もいました。

イケダハヤトさんが移住したことで、「移住業界(?)」でも何かと話題になっている「高知」ですが、この「高知家のシェアオフィス」事業も、とても面白い取り組みです。

最後に「高知家のシェアオフィス」に掲載されていた「つぶやき」をご紹介します。

●高知県は、過疎と高齢化が進みゆう。人口は全国に15年先行して自然減。
高齢化率の上昇も全国に10年先行しちゅう。

●県民所得らぁの経済指標を見たら全国下位クラス。

●「お金」という経済だけで考えたら、「高知」はハッキリ言うて全国でも下の方ながよ。

●こんな高知やけど見方を変えると「えいトコロ」がこじゃんとある。

●高知に住んで「幸せ」と感じる人はいっぱいおる。

えいトコロの一例

●カツオを始めとする新鮮な魚、新鮮な野菜など豊かな食材で「美味しい」がいっぱい!

●「お客(酒の宴)」が大好き!酒もうまい!

●ラテン系のノリで陽気で明るい!ほんで、よさこい踊りも全国に拡がっちゅうがよ。

●すぐそこに鮎の泳ぐ川がある(すぐ泳げる。もちろんカヌーにラフティングも)、すぐそこにクジラの泳ぐ太平洋がある(波乗り、シュノ―ケリングや釣りもできる)、すぐそこには山もある!

●こんなところに住みゆうき、ヒトとしての器がデカイ

●つまり…日本にありながら「南国の楽園」のようなトコロ。

●魅力的なヒトもいっぱいおる。

●ココでどうするか、ココをどう感じるかはおまんしだい。

●こんな高知に、おまんの「高知で暮らしたい・起業したい」をサポートするがに、休校になった学校の校舎らぁを活用したシェアオフィスをつくったがよ。

●このシェアオフィスで自分のライフスタイルを楽しみながら、やりたい仕事に打ち込んで、夢を実現していこうやいか。

●今はまっさらなシェアオフィスやけど、ココではおまんが主役、おまんの可能性で創造空間に変えとうせ。 ほんで、おまんも「高知家」の一員になって、みんなぁと一緒に頑張ってみんかぇ!

さあ、はじめよう!地域移住計画!
ぜひ、みんなと記事をシェアしてね☆