東京駅前にオープン!「移住・交流情報ガーデン」

[PR]今読んでおきたい「移住本」
田舎はシェアする時代へ「田舎シェアリング.COM」

出典:47news.jp

移住にかかわる情報拠点として、「移住・交流情報ガーデン」が東京駅前にオープンしました。

専門の相談員が常駐し、移住を検討している人に対して、地方の仕事や住居についての情報を提供し、移住に関わる相談に乗ってくれます。

またこれに合わせて、自治体から集めた仕事や住居などの情報を、データベース化したWEBサイト「全国移住ナビ」もローンチします。(現在情報の集約中で4月中旬には正式オープンができるとのこと。))

2020年までに「東京圏から地方への転出者数」を、年間4万人増やすという政府の目標を達成するべく、国も移住支援にかなり力を入れてきています。

今現在、移住に興味のない人も、「移住・交流情報ガーデン」を、ぜひ一度訪れてみてください。各自治体の様々な面白い取り組みを知ることができて、これからは、「東京よりも地方が面白い。」ということが、リアルに実感できるかもしれません。

さあ、はじめよう!地域移住計画!
ぜひ、みんなと記事をシェアしてね☆