NHK朝ドラ『まれ』で盛り上がる石川県能登地域で、農家民宿を始めたい方を大募集!

[PR]今読んでおきたい「移住本」
田舎はシェアする時代へ「田舎シェアリング.COM」
出典:春蘭の宿ブログ

出典:春蘭の宿ブログ

「いしかわビジネス創出セミナー~創業・農家民宿開業のススメ~」というイベントに参加してきました。

今回は輪島市、穴水町、七尾市、起業をサポートする石川県産業創出支援機構(ISICO)の担当者が来ていました。

石川県は、もう正直にはっきりと言ってくれています。

「仕事を探しての移住は難しいので、ビジネス(起業)をするために来てください。」

ここまではっきり言っていただけると、わかりやすくて良いですね。

ご存じのように、先日の北陸新幹線の開業、そしてNHK朝ドラ『まれ』効果によって、観光客も増えているようで、これを機に移住者も増やしていこうと、大変盛り上がっています。(『まれ』も、まさに移住促進担当ですね。)

県と各市町村と、それぞれ様々な移住者のための「起業支援」を行っているのですが、そんな中でも、最も興味深く感じたのが、能登の農家民宿グループ「春蘭の里」の取り組みです。

1996年、石川県能登町の有志7名が立ち上げた、村おこし団体「春蘭の里実行委員会」が、その起源となります。

当時から能登地域は、進学や就職を機に、若者が町を離れていくという状況でしたが、この地域でしっかりとお金を稼げる仕組みを作ることができれば、町を離れた若者も、戻ってきやすいのではないかと考え、プロジェクトは始まりました。

翌1997年に農家民宿第1号「春蘭の宿」がオープンし、ありまのままの農村生活を味わえる、素朴な農家民宿というコンセプトで、地道に営業活動を行っていきます。

出典:春蘭の宿ブログ

その後、その趣旨に賛同した地域の農家の人達が、それぞれに農家民宿を立ち上げ、現在は、合計で47軒にまで増えています。

面白いのは、この農家民宿グループが、それぞれ個別に営業を行うのではなく、47軒がまとまり、グループとして活動をしているところです。

1軒に泊まれるのは、最大でも5名程度、ですが47軒集まれば、235名(5名×47軒)と旅館やホテル並みの宿泊能力を有することになります。

現に海外からの団体客や、修学旅行生の宿泊先として選ばれる事例が増えています。

昨年の宿泊者数は延べ1万1千人(うち外国人は1700名)。確実にそのブランド力が向上している事を実感できます。

何もない農村でも、人々が意思を持って、立ち上がり行動することにより、町は変わる。
毎回同じことを言っている気がしますが、やはり大切なのは「意思」なんですね。

そして、そんな「春蘭の里」では、新たに農家民宿を立ち上げたい方を募集しています。

きたる7月25日~26日にかけて、能登で農家民宿を開きたいと考えている方を対象にしたセミナーを開催します。セミナーでは、実際に能登の農家民宿に泊まり、実践的なノウハウを学ぶことができます。

ご興味のある方は、ぜひ問合せをしてみてください。

名称 世界農業遺産「能登の里山里海」地域づくりセミナー
~能登で農家民宿を始めてみませんか~
日時 平成27年7月25日(土曜日)午前10時30分~26日(日曜日)午後3時30分
場所 能登空港ターミナルビル4階41会議室ほか
対象 能登で農家民宿を開業したい方、開業に関心がある方
定員40名(参加費無料、先着順)
宿泊費(1泊2食10,000円程度)、各日昼食費(1,000円程度)については
実費をいただきます。
内容 7月25日(土曜日)午前10時30分~
講 義   農家民宿開業者(春蘭の里)の取組について
移住者の体験談  等
交流会   農家民宿開業者、移住者との交流会
宿 泊   希望者は農家民宿にて宿泊
7月26日(日曜日)現地視察
地域づくり活動の視察・体験(穴水町新崎・志ヶ浦地区)
昼食(穴水町かあさんの学校食堂)
地域づくり活動の視察・交流(穴水町中居地区)
申込方法 6月30日(火曜日)までに、参加申込書に必要事項を記載し、
下記事務局までお申込み下さい。
お申込み
お問合せ
世界農業遺産活用実行委員会事務局(石川県里山振興室内)
Tel:076-225-1648
FAX:076-225-1618
E-mail:satoyama@pref.ishikawa.lg.jp

noto

さあ、はじめよう!地域移住計画!
ぜひ、みんなと記事をシェアしてね☆